●法律は貴方を守ってくれます。
●税務は貴方を豊かにします。
●証拠は雄弁です。
| ホーム | 新着情報 | ビジネス最前線 | 架け橋 | サーチ館 | 会計人会21 | 法務経営研究会 | 問合せ |
◆税 務 ・ 会 計  〜知って得する情報〜 税務会計情報・目次に戻る
交際費というと、取引先を飲食等で接待することを連想しますが、そもそも交際費とはどういった支出を指すのでしょうか?
交際費とは、法人が事業に関係のある者(仕入先、得意先、株主、社員など)に対して接待、供応、慰安、贈答等のために支出する費用をいいます。
つまり、事業に関連して、人をもてなしたり、お酒をふるまったり、慰労したり、金銭や物品を贈ったりするための費用を指します。
こうした基準に当てはめれば、社内旅行の費用や、会議の弁当代、残業の食事代などもすべて交際費に入ってしまいそうですが、税法上では、その支出の目的・性格・金額などによって交際費になるものと、福利厚生費、会議費、広告宣伝費、寄附金、給与等になるものとの区別を設けています。
交際費と間違いやすい隣接費用にはどんなものがあるでしょうか?
交際費にならない費用
●従業員に対しる低廉譲渡個人的費用 人件費
●社内の運動会、旅行等の費用
●社内行事において従業員に一律に供与された飲食費用
●従業員に一定の基準で支給される慶弔、表彰の費用
福利厚生費
●展示会、工場見学等の招待費用(交通費、食事代、宿泊代等) 旅費交通費
●カレンダー,手帳等を多数に宣伝を意図して交付する少額物品
一般消費者に抽選、引換券付販売により交付する金品、旅行等の費用
●一般消費者への試飲、モニター謝礼等の費用
●得意先への見本品、試用品等の費用
広告宣伝費
売上高等に比例して事業者への交付する金銭、事業用資産、少額物品
得意先への景品付販売で景品が少額かつ種類及び金額の確認ができるもの
特約店等のセールスマン又は従業員に対し金銭又は物品で交付する販売手数料
  (この販売手数料の支払を旅行、観劇等で行う場合も含む)
販売促進費
売上割戻し
手数料
●会議に関連した茶菓子、弁当、飲食等の費用(社内又は通常会議を行う場所において、通常供与される昼食程度のもの)
●協同組合等に対する通常の会費
会議費
会費等
取引先を接待するために飲食したり、ゴルフをした時にかかった費用は交際費ですか?
会社の業務として接待ゴルフや、飲食を伴う接待をした場合の費用は、原則として交際費です。しかし「どこで?何のために?いくらくらい支出したか?」が問題です。
例えば、お得意さんと会社で商談を終え(この時のコーヒー代は会議費でOK)、「ちょっと食事でも・・・」と言って、タクシーを拾って料理屋へ。さらに「もう一軒」と言って行きつけのバーへ。もちろんタクシー代を含めてこれらは交際費です。帰りに「お車代です」と言って金一封。これも交際費です。料理屋やバーから廻ってきた請求書を見たら消費税等5%、特別地方消費税3%。これらの税金も交際費です。
社内間の飲食費用やゴルフ費用等は交際費になるのでしょうか?
A.残業した時、弁当やそばを出前してもらう、これは福利厚生費でOKです。
社員慰安のための忘年会や暑気払いの費用が、福利厚生費として認められるためには、大半の人が参加していることが必要です。したがって、1次会の後、特定の人だけの2次会は交際費になりかねません。また、支店へ本社の部長が視察。そこで支店では、本社部長を夜に接待。これは交際費です。社員同士だからといってもとおりません。
社員慰安旅行のついでに、一部の社員だけが会社持ちでゴルフプレー。これは給与となります。やらなかった人や旅行に参加しなかった人にお金を渡したら、全員分が給与とみなされるので注意しましょう。
会議、打ち合わせでも一杯飲んだら交際費になるのですか?
接待、供応に関しては酒類を伴う飲食が多いため、「一杯飲んだら交際費になる」と思われがちです。しかし、会議、打ち合わせ、商談に関して茶菓子、弁当、その他これらに類する飲食物を供与するために通常要する費用は交際費に該当しません。したがって、お茶がわりに口を湿らす程度の酒類を提供しても交際費にはなりません。「会議に伴って」ということを忘れないでください。親睦がメインで打合せ少々では交際費です。
★交際費に該当しない飲食費
●商談、打合せを喫茶店で行った時のコーヒー代。
●レストランで昼食をとりながら打ち合わせをした。
●会議の途中に弁当と缶ビール1本程度を提供した
●ホテルのロビーで飲物を供して商談を行い、商談後、レストランでフルコースの食事をした
  (このフルコースの食事は交際費に該当します)
●ホテルの部屋を借りて取締役会を行い、終了後、夕食を提供した(軽食程度のもの)
会社として様々な会に入会していますが、これらの会費は交際費になるのでしょうか?
どんな目的をもった会なのかによって異なります。会社事業に直接関係するか否かによって、またその内容によって交際費になったり、ならなかったりします。例えば、社交や親睦を目的とした会の会費や参加費は、原則として交際費です。
冠婚葬祭での祝金や見舞金、香典等は交際費になるのでしょうか?
得意先や仕入先の冠婚葬祭の際に支出した慶弔費用は、交際費です。
しかし、従業員や元従業員、特約店のセールスマン等に対する慶弔費用で、規程に則ったものは福利厚生費に該当します。もし、慶弔規程がなかったとしても、常識的な金額なら福利厚生費として認められるでしょう。その都度判断するのは大変なので社内規定を作っておいた方がよいでしょう。なお、工場内や工場現場で下請けさんが仕事中にケガ等をした時に、従業員と同じように見舞金を渡しても交際費にはなりません。
お歳暮やお中元の贈答に要する費用は交際費に該当するのでしょうか?
駅前等で社名入りのティッシュペーパーをもらったことはありませんか?これは会社の宣伝を目的に不特定多数の人に少額物品を配る場合は広告宣伝費として認められます。しかし、得意先や仕入先へのお中元・お歳暮等の費用は交際費に該当します。
また、事業に関係のない団体等に物品を寄贈するのは寄附金です。ただし、その相手が個人的なお付き合いの場合は、その贈った人の給与となります。
交際費でなく広告宣伝費として贈与できる物品は、社名や商品名入りのカレンダー・手帳・タオル・ボールペンライターなど、金額が少額で、会社や商品の広告宣伝を目的とした物品です。
また、原則として売上高や売掛金の回収高を算定基準として、得意先に金銭ではなく物品を交付するのは交際費になります。但し、次のケースは交際費とはなりません。
1.その物品が、得意先で売れる当社の商品であったり、得意先で仕事に使う固定資産(車、ショーケース等)の場合。
2.単価がおおむね3,000円以下の物品の場合。
町内のお祭りへの寄付を求められたので、会社として寄付をしました。また、取引先の社員旅行にも金一封を差し入れしました。すべて寄附金として処理するのでしょうか?
事業に関係のない者(例えば、社会事業団や政治団体、神社など)に対して、金銭を贈与するのは寄附金です。直接的な見返り効果がないからです。
一方、事業に関係する得意先に対して寄付するのは交際費となります。しかし相手が事業に関係する者だからすべて交際費になる訳ではなく、下請会社や子会社の債務の引き受けや経営支援のための金銭等の贈与は寄付金とみなされる場合があります。
注意すべき点は、会社と関係ない例えば社長の出身校に対する寄附金のような個人的なお付き合いは、寄附金にも、交際費にもならず、その社長への給与となります。
参考文献:Q&A交際費(TKC出版)
 
このページのトップへ税務会計情報・目次に戻るお問合せ
Copyright (C) 2001 imix All rights reserved